予備校の代表ともいえる四谷学院の評判とは

55段階個別指導では、マークシートを全く使用しないのが特徴

一方、55段階個別指導は解答力を磨くもので、理解したつもりになるのではなく、本質を身につけて解答できるようにするのが目的です。
マンツーマンで生徒1人1人に講師がつきますし、的確に弱点を指摘した上で、克服に必要なアドバイスを提示するのが魅力的です。
記述対策や二次対策も提供される上に、直ぐに採点して解説が行われますから、兎に角徹底していることが分かります。
意外かもしれませんが、四谷学院の55段階個別指導では、マークシートを全く使用しないのが特徴です。
マークシートは解答のみを判定する為のものですが、55段階個別指導は解答に至るプロセスにもチェックが入るので、実に合理的で納得の理由だといえます。
志望校対策は対象の学校に精通する講師が対応しますし、何より講師陣が経験豊富なプロ揃いですから、どの先生に学ぶことになっても、安定した指導の質に期待できます。
講師に関する評判は、生徒の学力の把握に努めたり、最適なレベルで指導が行われると好評です。
しかも、説明の内容が分かりやすく、効率良く理解して次に進めるという声も少なくないです。
講師も人間なので、生徒との相性は存在しますが、平均レベルが高いのであまり問題にならないと思われます。
カリキュラムは教材の完成度の高さと、55段階個別指導の優れた仕組みによって、やはり学びやすいと太鼓判が押されています。

先輩方の話を聞いている限り、昔に比べて今の受験生や合格者は金持ち多くなっているよなぁ。


法科大学院は予備校ではなく学問を〜という経済的事情を無視したロマンチシズムを垂れ流すのは勝手にすればいいですが、その考えが貧困者を振り落とし法曹の多様性を乏しくしていることは意識してもらいたい

— みのちき (@Alicandros) 2019年12月24日

四谷学院は、1974年に東京の新宿区、四谷で設立された企業です : 55段階個別指導では、マークシートを全く使用しないのが特徴 : 教室に騒音や話し声はなく、集中できる環境が整っている