予備校の代表ともいえる四谷学院の評判とは

四谷学院は、1974年に東京の新宿区、四谷で設立された企業です

四谷学院は、1974年に東京の新宿区、四谷で設立された企業です : 55段階個別指導では、マークシートを全く使用しないのが特徴 : 教室に騒音や話し声はなく、集中できる環境が整っている

誰もが名前で予備校と分かるほど有名な四谷学院は、1974年に東京の新宿区、四谷で設立された企業です。
元々は才能開発の教材の制作と販売がルーツで、東京都の推薦教材に選ばれたのを足掛かりとして、個別指導教室の開校に取り組み始めています。
更に、従来の大検と呼ばれていた高認コースや、大学受験に特化したコースの設置と、順調にサービスが拡大しました。
ちなみに英語の才能開発教材は東大名誉教授、数学の方は早大名誉教授の監修なので、完成度が高く東京都に推薦されたのも頷けます。
このように、最初の商品から既に評判で、当初の評価を損ねることなく現在に至っています。
今では東京だけでなく、札幌や仙台に静岡や名古屋と、大阪や九州地方まで、全国各地に教室を展開中です。
つまり四谷学院は全国的に評判が良好で、選ばれる予備校になっているといえるでしょう。
教育の土台からしてしっかりとしていますが、科目別能力別授業と55段階個別指導を確立してから、特に注目を集めるようになりました。
科目別能力別授業は、生徒の理解力を引き出すのが目的で、名前の通り科目別に分けて学力の評価を行い、必要に応じた授業を提供するというものです。
授業を飛ばしたり、突然難しい内容に直面することがないので、常に安心して次のステップに挑戦可能です。
得意科目が多い人でも、少なからず苦手科目はあるものですが、一般的な予備校だと得意科目につられてクラス編成にズレが生じます。
この状態では、自分の脳力とクラスのレベルに差ができてしまい、その結果授業を受けても理解できない科目が出ることになります。
四谷学院の場合は、科目単位で生徒の能力を評価してクラス編成をしますから、レベル差を感じたり理解の難しさに直面する心配が無用です。
実際に通っている生徒達の間では、自分にあった授業を受けることができたり、少しずつ着実に前に進めると評判です。